最新医療でワキガの治療

昨今、日本国内でワキガの悩みを抱える人はいったいどれくらいいるのでしょうか。それは、およそ1割くらいになります。想像していたよりも少ない割合でしょうか?

 

ワキガというのは、自分でも気づかないうちに周囲の人の迷惑になっていたりもしますよね。なかなか自分で気づくことができず、かなりやっかいなものといえます。たとえ気がついたとしても、人にはなかなか相談できず、たったひとり、悩みを抱えてしまっているという人も多いようです。気分的にも何かと落ち込みがちになり、ふさぎこんでしまう人も多いようです。

 

それだけデリケートな問題なのです。

 

ワキガというのは本来生まれ持った体質であったり、遺伝によるものだといわれています。日本人はワキガの人というのは元々少なかったようですが、食文化が欧米化してきたり、生活習慣も昔と比べてだいぶ変化してしまい、そういったことがワキガで悩む人を増やしたようです。

 

まだ症状の軽い人であれば、自分自身でできるケアもたくさんあるようです。そういったケアだけでも大きな改善を期待できるようです。でも、症状が重くなってくると、やはり専門の医療機関に出向いて相談した方がいいでしょう。手術等、その人に合った治療を受けることも可能です。

 

私たちはどうしてワキガになってしまうのでしょうか。それは、脇にあるアポクリン汗腺とエクリン汗腺という汗腺から分泌されている汗が皮膚の表面にいる常在菌によって分解され、ワキガの臭いとなって現れてくるのです。ですから、この汗腺が人より多い人や汗の分泌量が非常に多い体質の人がワキガになりやすいのです。そこに更に皮脂腺から分泌されている皮脂が加わってしまうことにより、臭いはもっと強くなっていくのです。

 

手術跡が気になる方に わきがの手術跡を消すならこちら